実感のない景気というのは、一体なんなのだろうか。

それほど深く考えたり考察するわけではありませんが、ここ最近、景気というのは一体何なのだろうかということを考えたりします。
政府や日銀の発表によると景気は良くなっているらしいのですが、それが実際にどういうことなのかはわかりません。
そして、景気が良くなっている中で、私たちの生活で何かが変わってきている感覚もありません。
しかし、こういうことというのは人や、その人の立場などによっても所感が変わってくるのかもしれません。
確かに株価は上がっており、円安が進み企業の業績も上向いたというのは事実です。
その部分だけを言いたなら、マイナスの要素というのはそれほど多くないように思えます。
景気が悪くなって会社の業績が低迷したり倒産が増えると、私たちとしてはとても困ってしまいます。
でも、景気が良くなったといって、何か恩恵を感じることは少ないのではないかと思います。
私が気になっているのは、このアンバランスというのが何かおかしいのではないかということなのです。フレシャス 口コミ