宇宙のひろがりについてと歴史において学業

宇宙になどに関して修練しました。宇宙の総質量は、日の質量の約2000億ダブルだ。日の位置は、銀河要所で中心から約3万光年中心は、いて座の方角だ。赤経は、17瞬間42分け前4秒だ。赤緯は、−28°55’だ。プレアデス星団の明かりは、今から410時代予行(コロンブスの年代)に放たれた明かりだ。地球が日のまわりをめぐって要ることは、現代の我々にとっては当たり前のことです。ただし、かねてから人間は宇宙の中心に地球があって、地球のまわりを日や月々などのすべての天体が回っていると信じていました。このような理論を天動説といいます。天動説を確立したのは2世紀内まで大きく信じられていました。地球が動いているは、それほど日常のやりくりからは気付き難いものなのです。火星の動きを観察していると、ちょくちょく別の針路にはたらくのがわかります。このような動きを天動説で品評しようとすると、何とも複雑なテンプレートを考えなければならなかったそうです。ほんとに勉強になりました。